Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

セフレ募集サイトで知り合った人と映画へ

平日のお休みの日、映画デートをしたくてセフレ募集サイトに「誰か一緒に映画を見に行きませんか」と相手を募集。

とりあえず一番にメールくれたKさんとチャット開始。Kさんも自分で同じように募集していたようです。

その日の昼過ぎのを見に行くことになりました。

セフレを募集出来る!と、このサイトを読んで試して、良かったです。

セフレ募集の男Kさんとデート

映画館に着くとKさんが爽やかな笑顔で私に話しかけに来てくれ、映画館の中へ。

平日の昼間だからかお客さんはほとんどいなく、私たちの周りにはだれもいませんでした。

そして映画が始まり映画を楽しんでいると、Kさんも楽しんでいる様子。

次第にKさんのてが私の手に伸びてきて、手を握ってきました。

思わずKさんの顔をみたら、Kさんはニコリと笑って、また映画の方へ。

そして次は私の太ももへ。

さすがにこれはびっくりしちゃいましたが、周りに誰もいないから、ま、いいか、と。

そうしてるとKさんの行動はどんどんエスカレートしていき私の胸を揉み始めました。

そんなこんなで映画が終わったらKさんは私に「次は何処に行く?」と。

もうKさんもどこに行くかわかってるはずなのにこんな質問するなんて。

私はどぎまぎして下向いてしまいました。Kさんは「ホテルにいかない?」といい、私ははい、と返事。

映画館からすぐ近くのホテルに移動しました。

そしてホテルに着くとKさんは私を押し倒してキスをしてきて、胸を揉み、服とブラをずらして胸をしゃぶりはじめました。

そしてKさんは、「ほら、どうしたの、こんなに乳首たっちゃって」と。爽やかに見えるKさんだけど、実はかなりS気があるようです。

そしてそのまま二人でシャワーへ。そしてまたベッドにもどり、またまた私は押し倒されました。

こうしてまたまた胸をまさぐられているうちに私はKさんのものが欲しくて欲しくてたまらなくなってしまいました。

私が悶えているのをKさんは嬉しそうに見ているのです。そして指をあそこに。

「あれ、なんでこんなにぬれてるの?ほーらちゃんと見て?」と。

わかってるくせになかなか入れてくれないのです。

とうとう私は我慢できなくなり「お願いです、入れてください」と言ったら「何をいれてほしいの?」と。

私は「Kさんのモノです」と。Kさんは「モノじゃわからないよ、ちゃんと名前言ってごらん」と。

私はKさんのものをつかんで「これです」Kさん「名前教えてくれないと入れてあげないよ」私「Kさんのペニスをいれてください」。

やっと入れてくれました。

私のアソコはヒクヒクし、感じすぎて常にKさんに吸い付いている感じでした。

Kさんは「エロいねーそんなに吸い付いたらすぐいっちゃうよー」と。もうあそこの感覚がおかしくるほど感じすぎて、イッテしまった時、Kさんもイキました。

私もKさんも映画とエッチが大好物なのでそれ以来、一緒に映画を見るセフレになりました。

意地悪なセフレですが、いつかは私も意地悪しちゃおうかな。